傳tutaee+A lot genge 1
5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24 5fdda53c8a45726ea43d8b24

傳tutaee+A lot genge 1

¥20,900 税込

送料についてはこちら

  • ふつう

    SOLD OUT

  • おおきい

    残り1点

 【傳tutaee+A】   インディゴのマルチ使い。  太いピッチのヒッコリーだったり、  細いピッチのヒッコリーだったり、  武州藍だったり、  インディゴガーゼに刀の鍔柄を抜染してみたり。  この当時につくったり、使っていたりした素材の合わせ技。  今は…もうつくれないし、つくらないと思う。  この時に感じていたことを、デザインに反映していますので。   古いから良いということもなく、  新しいことが価値でもない。  良いなって感じるものは良く、  好きなものが好きで良いのかなって。   dogi zubon : genge 1 2004 color indigo multi material 綿 100% インディゴ色々       色々の内訳…太ヒッコリー、細ヒッコリー、武州藍、インディゴガーゼ鍔柄抜染 size ふつう、おおきい   まずはマルチ使いなので、素材の組み合わせの面白さ。  そして、その素材の使い方に目がいきますよね。  インディゴの持つ色合いの魅力を十二分に活かしたくて組み合わせています。  そんな素材を用いたこの不思議なデザインのズボンは、お尻周りは少し大きめ。  でも、決して太いシルエットではない。  道着のズボンをイメージの源に、新たに現代の装いとして、組み立てたデザインです。  着る人の着こなしにひと味とひと癖加え、  新たに着る楽しみが生まれていくと思います。  つくってから長い時…16年経った今でも。  そして…下世話なお話し。 これと同じものを今つくったら…もっと高価なズボンになると思います。  糸を染める技法、それを織る技術、  そしてそれらをつくるための技術への理解。  全てが日本古来からの素材ではありませんが、  日本でしかつくれない素材の組み合わせだと考えます。  歴史の中でも多くの人に愛されてきた深い青と青が織りなす…魅惑の色あいは、これからも尚更に人を魅了するでしょう。  インディゴガーゼを抜染した素材は、昔々の染め型を使って、ガーゼを抜染しています。  これも今でも好きな素材。  好きな素材の組み合わせですからね。    時が過ぎ、また好みや気分が変わったとしても、ワードローブに必要な1着となれますように。       ウェスト レングス わたり 総丈  ふつう  78cm(max 96cm) 81cm 37cm 101cm おおきい 82cm(max 100cm) 84cm 39cm 103cm ウェストが特殊なつくりの為、表記が独特になっています。 よろしくお願いします。 このズボンについて何かご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 mail kagiana@tutaee.com